www.sundaefactory.com

ローンしたケースは、返済自体をする時には利率分を含めての返済になるのは知っていると思います。ローン会社は営利をターゲットにした企業なのですから当たり前です。ですがお金を支払う方は、1円でも少なく返金したいというのが本当の気持ちでしょう。利息制限法が定められる一世代前は、年率30%近い利息を払わされていましたが、適用後は高額でも年率18%位といくぶん低く定められていますので、かなりお得になったような気がします。この頃のローンの利子の幅は4%位から18%位の間に決められていて、使用可能額により設定されます。利用上限額は申請者の与信によって左右されます。総量制限により年の収入の1/3までと指定されいますので、一年の収入がいくらなのか?どのような仕事をしているのか?クレジットの使用状況はどうなのか?あれこれ審査され与信限度額としてキャッシングサービスの内容が決まることになります。カードを使ったキャッシングの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各会社で利用可能額は一様ではありません)と広い範囲があります。そしてその範囲の中で定めた使用可能金額により利子も決まります。50万円なら年18%、300万円なら年率12%、800万円なら4%といった感じになるでしょう。結局、査定が高ければ、与信額も良くなり、利息も低くなります。この事実に違和感を抱くのは私しだけでしょうか?余談となってしまいますが、金融会社にとって、それらの事実は当たり前のはずですが、収入の高額な人がキャッシングができないと困ると思えませんし、万が一キャッシングしたとしても利率が多かろうが少なかろうがお金の支払いに困る事はないのです。反対に一年の収入悪い人は直ぐに必要だから融資を受けるという方が大半です。利率が高いと支払いに追われるはずです。ですから借り入れ可能枠の低い人にこそ低利息で利用できるようにするべきです。この考えは活用する立場としての意見となります。この事実を考慮すると、利息を良くする為にはどのようにすれば良いのかぼんやりと気付いたのではないでしょうか。事実、これから書く方法で、申請する人が大勢いるので説明しますと、カードローンの申請をする時、年の収入の1/3ぎりぎりの金額まで申し込むのです。年収450万円なら150万円。年収900万円なら300万円でキャッシング審査で全額通ればその分だけ金利が良いカードを手に入れることができます。だからと言って上限ギリギリまでキャッシングしなければいけないという事はありません。10万円でも50万円でも必要な金額だけ使えます。そして上限利用可能枠が300万円で最低利息年間7%位のローン企業も有りますので、その会社に申請すればその金融会社の最低利息で受ける事ができるようになります。どう感じましたか?やり方を変えるだけで低利子のキャッシングできるカードを持つことが出来るのです。自分の収入とローン会社の金利を照らし合わせて、調べる事に時間を割けば、より満足できる状況で借りれるはずなので、面倒だと思わず調べるようにする必要があります。

コンテンツメニュー